2010年11月29日

芋焼酎「明るい農村」お湯割りで。


2日連続、ノーアルコールの「キリンフリー」でしたので、
久々に今夜の晩酌は「芋焼酎」でした。


日本酒王国のこの地に生まれたので、日本酒も大好きだし、ビールもワイン
もバーボンなどの洋酒系も、なんでも好きです。


・・が、普段の晩酌は主に「芋焼酎」などの本格焼酎を飲んでいます。


今夜の1杯もそんな芋焼酎でした。

PB293398.JPG


今夜のお酒のお供は「豚バラと昆布、根野菜の煮物」


酒は鹿児島霧島町にある霧島町蒸留所さんの「明るい農村」です。


一度聞いたら忘れられないくらいのネーミングですが、この「明るい農村」の
姉妹品の名前がまた衝撃的な・・・「農家の嫁」って言います(笑)


しかし今でこそ比較的入手も容易になった焼酎ですが、数年前まではプレミアム
焼酎で入手も困難な1本でした。


「明るい農村」、芋は黄金千貫を使用して、黒麹と白麹の原酒をブレンドの
甕壷仕込み。

今回は定番のお湯割りで頂きます。
まず芋焼酎独特の香りが立ち上りますが、芋特有の「芋臭さ」は抑えられて
います。

最初、「明るい農村」って名前から「昔ながらの芋焼酎」を想像していたん
ですが、イメージは「農村・・」って言うよりも非常に「洗練された味わい」
と言う方が近い感じがしますね。


芋本来の甘さは十分ですが、それが余計な甘さではなく実にスッキリと
まとまって、芋自体の濃厚な風味も十分で旨いの一言です。

ロックでも、お湯割りでも「美味い」焼酎だと思います。



にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村


posted by まーらん at 22:27| 新潟 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 酒と肴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。