2011年01月24日

イシガレイの薄造り


昨晩から降っていた雪・・・

案の定、朝起きたら結構積もってました。


昨日のMy車の屋根上には何も無かったのが、朝の時点で目測25cmくらい
積もってました。


結局、出勤前には自宅前の雪掻きして一汗あせあせ(飛び散る汗)
会社へ行ってからは会社前の雪除けで一汗。。ふらふらあせあせ(飛び散る汗)


そろそろ雪降らす寒波もいい加減にしてほしいもんですなぁ・・・もうやだ〜(悲しい顔)


そんな今夜の夕飯の一品は、昨日釣って来た「イシガレイ」を
薄造りにしてみました。

やっぱり魚が小さかったので、絵皿1枚分に相当足りませんでした。

P1243693.JPG

真ん中の大葉の上には、貴重なカレイのエンガワを鎮座させます。


P1243692.JPG

「イシガレイの薄造り(ポン酢仕立て)」、「がんもと糸昆布の煮物」
「芋焼酎・伊佐大泉お湯割り」などなど。


イシガレイは活〆にして、新鮮なうちに石と皮を引かないと磯臭さが
白身に移ってしまいますが、超ー新鮮なうちに「下処理」をした
イシガレイの身は、他の魚と比べ物にならない程、きめが細かく
絶品の薄造りとなります。

よく人に「カレイの刺身」と言うと「カレイは刺身じゃ食べれないんじゃ!?」
と驚かれますが、新鮮なカレイの刺身は最高に美味いです。

白身魚大好きな娘が「何んの刺身が食べたい?」と聞くと
迷わず「カレイ」と言うくらいですから。

もはや「カレイの刺身」は釣り人の特権と言っても過言ではないと思います。


ご馳走さまでした。


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 新潟県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

posted by まーらん at 21:32| 新潟 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。