2011年02月01日

芋焼酎「三岳」初飲み


数日続いた大寒波もようやく好転してきて

今日の新潟県央は太陽の光も降り注いでいました。

P2013741.JPG

今まで気温0℃前後の真冬日だったけど、今日の最高気温は4℃。

たった4度だったけど、積もった雪がどんどん融けていきます。

P2013746.JPG

明日も天気は良いらしいので、雪の心配は少なくなりそうですねかわいい


レストラン
そんな今夜の夕飯は「寄せ鍋」でした。

P2013747.JPG

「寄せ鍋」、「塩茹で豆」、「白菜などの朝漬け」

今夜の寄せ鍋の具は、豚肉、白菜、長ねぎ、玉ねぎ、にんじん、水菜、
えのき茸、豆腐。

そして今夜、始めて封切りする芋焼酎がこれです。

P2013748.JPG

鹿児島県屋久島の三岳酒造さんの「三岳(みたけ)」です。

世界自然遺産登録の屋久島で「日本名水百選」にも選ばれた
数千年の杉の原生林で濾過された豊かな水によって仕込まれた
芋焼酎です。

始めて口にする憧れの三岳ですので、最初はストレートで一口。
香りは芋特有の香りは少なく極めて優しい香りです。
口に含むと重さはなく、すーっと広がる感じです。

ではお湯割りに。

立ち昇る香りも極優しい立ち香で、すっきり心良い飲み口で
とても美味い酒です。
 ただあまりにもスーッと飲める芋焼酎なので、いつものお湯割り
よりも濃い目にしてしまう傾向があるかもしれません。

きっとまだ芋焼酎を飲んだことが無い人が、「芋焼酎」として
最初にこの三岳を飲んだら、本来の芋焼酎特有の香りとかクセ
の概念が変わってしまうかもですね。

それ程、極めて呑みやすい美味い芋焼酎だと思います。



思えばオイラの場合、一番最初に口にした芋焼酎は
西酒造さんの「薩摩宝山(さつまほうざん)」でしたが、
あのガツンと来る昔ながらの芋焼酎の風味は衝撃的でした。

でもあの薩摩宝山との出会いがなければ、これほど芋焼酎好きには
なれなかったのかもしれません。


まだまだオイラが飲んだ芋焼酎なんて、ほんの氷山の一角くらいしか
ないけれど、芋焼酎の奥は深いです。


PS.今日仕事で行った先の酒屋さんで、プチレア焼酎を見つけました。

・・どうしよう買うべきか?諦めるべきか?

悩む。




にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 新潟県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ
にほんブログ村
posted by まーらん at 22:00| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒と肴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。