2011年03月17日

心の選択って難しい


何が正しくて?何が間違いなんだろう?

世の中、分らなくなってきました。

人の心って何処へ行くんだろ?




【プロ野球セリーグ開幕】

関東での輪番停電(計画停電)の中での、セリーグ開幕。
予定通り25日より東京ドーム、神宮、名古屋ドームで
開幕戦を行うようです。

・・例えば東京ドームなどの大型球場でのナイターゲームの場合、
一晩での電気消費量は、一般家庭何千世帯分の消費電力を使うらしい。

関東圏の一般家庭での「計画停電」を強いられている、この状況下でも
あえて開幕するようです。

・・被災地に娯楽と夢を!と思っているかもしれないけど、
被災停電でたった1個の電球も点かない被災地の方々にとって
眩しいくらいに煌々と光る「球場」はどんな風に映るんだろうか?




【第83回選抜高校野球大会】

例えば関西の甲子園で開催される予定の第83回選抜高校野球大会ですが
明日18日に大阪で臨時運営委員会が開かれて開催か?中止か?
決定されるようです。

確かに高校球児達の「夢の舞台」で、今開催を見送れば二度と同じ土を
踏めない球児も多いだろうと思います。
出来る事なら開催してあげたい!と言うのは
誰しも同じだと思うのです。

・・これはあくまで私の「個人的な意見」ですので賛否両論あるかと
思いますが、私はこう思います。

今、被災地や東北、関東では電気、ガソリン、灯油、それに食料品まで
本当に不足して危機的状況の場所もあります。

そんな中での「選抜高校野球大会」

開催すれば日本全国から選手、学校関係者、応援団、野球ファンなど
何万人もの「人の動き」が生まれます。
 それと同時に人の移動や宿泊、飲食などに莫大な電気や燃料、食品
などを消費することとなります。

開催が被災地や関東から遠く離れている関西での開催なので被災県の
宮城県の東北高校などは、高校の生徒や応援団などの車の移動でも
「バスの燃料」の調達からして大変な困難の筈。

私のような関係者でもない人間が、どうこう言えるものではないですが、
今回の東北関東大震災の未曽有の被害を目の当たりにした悲惨な
現状を考えれば今回は見送っても然るべきだと思うのです。



【50/60】

戦後の電源装置の遺物を今でも引っ張ってる電源周波数の違いの
東日本の50Hzと西日本の60Hz。

たった10Hzの違いだけど、何故か東と西とでは
気持ち的にも温度差を感じてしまいます。


例えば関東の計画停電での真っ暗闇の街、でも同時刻の大阪の繁華街での
ライブカメラは煌びやかなネオン街を映していました。

某関東の超大型遊園地は、一応「諸般の事情」を考慮して休園ですが、
関西の超大型遊園地は、平常通りの営業を続けています。

「食い倒れの街」は今日も健在です。


これだけ技術的に進歩した日本ですので事前に危機管理的な準備で、
大災害などの緊急時には東西の境界付近に50/60相互の大規模な
変換設備など予め造って置けなかったのか...。




明日、私の市にも福島県から非難された方々を受け入れ多く方が
新潟の地へ来られるのですが、新潟の気温は「寒かった」けど、
人の心は「暖たかだったね」って言われる県や街で在りたいと思います。



にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 新潟県情報へ
にほんブログ村
posted by まーらん at 23:54| 新潟 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。