2011年03月23日

どうなる?日本の水と野菜


福島原発の放射能の影響が広がっています。

関東や東日本の中で多くの野菜類を出荷している茨城県、千葉県などでも
青物野菜中心に数品目が出荷の自粛を受けています。

今の3月から4月の春期間は、東日本の台所で茨城県や千葉産の野菜が占める
比重は大きいものがあります。

野菜豊富な新潟であっても、今の時期に関東圏の産地野菜を無視したら
まず新鮮な青物野菜などはスーパーには並びません。

農家の方々が愛情込めて苦労して育てた野菜が「見えない物質」によって
見るからに瑞々しい新鮮な野菜を出荷出来ないなんて、とても納得出来る
ものではない筈です。

ちなみに今夜の我が家の夕飯。

P3233970.JPG

野菜多めの節約メニューですが、各産地を書き出してみました。

「もやし・鶏むね肉のゴマポン酢」・・もやし(埼玉県産)
「水菜入り湯豆腐」・・水菜(群馬県産)、豆腐(新潟県製)
「コールスロー」・・キャベツ(愛知県産)
「さつまいもサラダ」・・さつまいも(徳島県産)

新潟県内のスーパーでも県外産の野菜の比重は多いです。



そんな野菜に加えて今日、都内の水の供給場である東京の金町浄水場(葛飾区)で、
水道水1キログラム当たり210ベクレルの放射性ヨウ素が検出されたとの報道
がありました。

昔、東京に住んでいた時に仕事で葛飾区金町(かなまち)に行った時に
この金町浄水場の上が公園になっているので、何度か行ったことが
ありました。

でもここの水が東京23区ほぼ全域の水道水をカバーしていようとは・・・。

関東の主な水系は、群馬県水上付近からの利根川水系、その派生の江戸川。
埼玉県奥秩父の甲武信ヶ岳(こぶしがたけ)付近からの荒川水系。
それに埼玉県秩父の笠取山(かさとりやま)付近からの多摩川水系など
が主な東京周辺の水系です。


てっきり新宿区とか渋谷区の方は多摩川取水の玉川上水(たまがわじょうすい)
からの水だと思ってました。

金町浄水場の水系は、利根川水系の分流である江戸川から取水していますので
水路的には遠く茨城県五霞町(ごかまち)から分流し千葉県流山や市川を通って
東京湾へ注いでいます。

そんな場所にまで、福島第一原発の放射能漏れの影響があるなんてショックです。


「水」は生活全ての基本です。

その基本であるべき水に危ないなんて、どうすればいいんでしょうか?


日本は水の豊富な国として、世界でもトップの水質を誇る国です。
その豊富で良質な水によって、多くの良質な農産物が生まれます。


今までのように「美味い水と野菜があれば・・・」なんて安心して言える国
に一日も早く戻ってほしいと思います。



娘にミネラルウォーターでも送ろうと思ったけど、今や新潟のスーパーにも
ミネラルウォーターは消え去ってました。

水無しには「生活」は成り立ちません。
水を飲むのも心配して飲まなければいけないなんて・・・。


ブリタの浄水器じゃぁ「放射性物質」は除去出来ないんでしょうか・・??



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


posted by まーらん at 23:15| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。