2011年05月14日

我が家風スンドゥブ・チゲ


今日は土曜日休日だってのに、朝から強風が吹きまくった新潟県央です。

ホントは午後からFMポートのステッカーキャンペーンが燕市に来るので
姪っ子と行きたかったけど、姪っ子は友達と燕戸隠大祭へ行きました。

オヤジ一人で、燕交通公園へ行くのも寂しいので断念・・・。



そうそう昨晩下ごしらえしてたフキで「フキの煮浸し」を作りました。

P5134218.JPG

このままダシ、砂糖、薄口しょうゆ、みりんなどで醤油色を付けないで
冷ませば「フキの青煮」と言って青い色を生かした煮浸しになるのですが、
やっぱり醤油の風味が好きなので「普通の煮浸し」にしました。

P5144219.JPG

見た目よりも「美味さ」優先..(笑)

常備菜なのでタッパーに並べて冷蔵庫へ。



それにしても週末で寮から帰って来てる息子は風邪を引いて帰って
来たので、今夜は「風邪を吹き飛ばす料理」でもしましょうかねひらめき

まずはこんな食材を用意。

P5144220.JPG

キムチ、豚バラ肉、アサリ、帆立、絹ごし豆腐、長ねぎ、ニラ、
水菜、卵など。

これで「スンドゥブ・チゲ」を作りました。
基本的な味付けは「鶴橋おいしいキムチ」と「ウェイパー」

これを順番に煮ていき仕上げ前に卵を落とせばいい感じです。

P5144221.JPG

キムチと、アサリと帆立のダシがとてもよく合って最高でした。


ご馳走さまでした。


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 新潟県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村



posted by まーらん at 21:35| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。