2011年05月18日

「マルヨネ車麩」一度作りたかった料理


我が家、昔から「麩(ふ)」が大好きです。

麩とは「小麦粉」を原料とするグルテン(小麦たんぱく)から作られて
いる食品で、味が染み込んだ煮物などは最高です。

オイラが住む新潟県央地区で「麩」って言ったらお隣の三条市内にある
「マルヨネ」さんが有名です。

そしてマルヨネの麩と言えば代名詞的な商品が「車麩(くるまふ)」です。


我が家もこの車麩は良く買って来て、煮物にするのですが、以前から
地元のスーパーマーケットの惣菜売り場などでも見かけて、
一度作ってみたい「麩料理」がありました。


「車麩じゃないと出来ない料理」


今回はその一品に挑戦してみようと思ってました。

まずは一番大事な「車麩」を用意。

P5184245.JPG

ぬるま湯で車麩を戻して、ダシ醤油で下煮しておきます。

十分に味が染みたら車麩の真ん中の穴に生卵を1個ゆっくり落として、
弱火で3、4分くらい煮ます。

ちょうど白身が白く固まり、真ん中の黄身が半生になったら完成です。かわいい

P5184248.JPG

「車麩の落とし卵とじ」



そんな今夜の夕飯です。

P5184250.JPG

「車麩の卵とじ」、「シーフードの和風サラダ」、「みょうが甘酢漬け」など
今夜の晩酌は缶ビール「サッポロ生」ビール


某スーパーの惣菜売り場の「車麩の卵とじ」は流石に惣菜売り場なので
黄身は固ゆでになっていますが、我が家で作る場合は「半生状態」が
一番合うかもしれません。

見た目も豪華ですし、満足感十分な一品だと思います。


ご馳走さまでした。



株式会社マルヨネさんのHPはコチラ



にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 新潟県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村



posted by まーらん at 23:11| 新潟 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。