2011年06月03日

芋はゼロよりも25度が断然いい


今夜少しだけ出掛けて来ようかと思ったんで・・・

晩酌は・・・無し。。。ってのもなので(笑)


今日の晩酌は「芋焼酎のロック」でもひらめき


P6034312.JPG

先日、見つけて買って来たノンアルコール飲料

小正醸造「芋焼酎テイスト・小鶴ZERO」


そんな今夜のメニューはハンバーグにしました。

P6034311.JPG


肝心なノーアルコールの芋焼酎"風?"飲料ですが・・・

・・うぅぅん!? 何んて表現したらいいんでしょうか?

芋焼酎テイストって自分に言い聞かせて飲んでみても、だいぶ芋焼酎の味
とは程遠い。ってのが正直な印象です。

業界初!の芋焼酎テイストを謳うのであれば、もう少し風味を工夫
したほうがいいですよ、小正さん。

確かに芋焼酎を口に含んだ瞬間に感じる芋の風味や甘さをノーアルコール
飲料で表現しようとした場合に、芋特有の香りと甘さを付けることは
重要だと思うんです。

本物のアルコール飲料の場合、やはりアルコール自体の刺激が無いと、
どうしてもアルコールじゃない事で「不味い!」と言う先入観で
飲んでしまいがちです。

なのでアルコール風の「刺激」の何か?を加えた方がいいかもしれません。
・・例えば少しのビター感とか、炭酸系の刺激とか。。

例えばノンアルコールビールが何んとか飲めるレベルなのは、ビールの風味
以上に、炭酸の刺激があるからに他ならないと思います。


残った小鶴ZEROは、オイラ個人的には飲めないので今度25度の芋焼酎で
割って「芋焼酎テイスト飲料の芋焼酎割り」で飲もうと思います(笑)


ご馳走さまでした。


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 新潟県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ
にほんブログ村



posted by まーらん at 23:23| 新潟 | Comment(0) | TrackBack(0) | 酒と肴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。