2011年08月24日

始めて「桃のワイン煮」の瓶詰め作る


今日、仕事先から桃を頂きました。

P8244747.JPG

・・が、現在我が家には先日も頂いてた桃が少し残っていたので、
ちょっと重なりましたが、我が家で一番「桃」が好きな娘は
東京へ帰ったばかりです。

・・どうしようか?・・・そうだひらめき 瓶詰め作ろうかわいい

どうせ作るならオサレに「ワイン煮」なんかがいいな。
会社帰りに激安ロゼワインにレモンを買って帰りました。

P8244749.JPG


夕方帰ってからネットで「桃 ワイン煮」でググって下調べです。

レシピなどは、それぞれ違っていたので「我が家流」の鉄則
『分量適当の行き当たりバッタリ』で作ります。


瓶詰めの作業工程は、前回の「竹の子の瓶詰め」で大凡解ってます
ので・・ちと不安だけど(笑)

 
まず保存用のガラス瓶や使う道具類を大鍋で煮沸消毒から始まります。

次に桃を切って皮を剥き、レモン汁を絡めて砂糖をまぶします。
こうすると桃の色が変わらないらしいんです。

そしてロゼワインと水を入れた鍋で、ペーパー落し蓋をして
中火で桃を約10分くらい煮ます。

P8244750.JPG

これを熱湯から出したガラス瓶に桃を移していき最後にワイン汁を
口一杯まで注ぎ、軽く蓋して瓶の肩くらいまで浸かる程度の水量で
再度「熱湯」の鍋の中へ。

これで瓶の中の余分な空気を抜きます・・「脱気」

約20分、脱気したら瓶を取り出して瓶の口をシッカリ閉めて
次に瓶を逆さにして約10分くらい瓶口側の煮沸消毒します。

後は瓶を熱湯から取り出して、口を下にした状態で自然に冷める
まで置いておきます。

P8244752.JPG

これで瓶の中身が冷めることにより、密閉度が増して完全瓶詰めの
完成です。

あとは中に雑菌が入っていなければ長期間保存が効きます。

もし作業工程の途中の雑菌が残っているようであれば、数週間で
瓶中の汁が濁り初めてしまうので、もしそうなったら努力が全て
パーになり廃棄処分決定ですふらふら

こんな事にならないように「瓶詰め」は消毒は基本なんです。


次に娘が帰って来て開封するまで、保存出来てるといいな。



そんな今夜の夕飯は栃尾の油揚げがメインでした。

P8244746.JPG

「栃尾油揚げ」、「小海老のオリーブオイル焼き」、「だし」、
「トマト」、「みょうが酢漬け」など

晩酌は、日本酒・笹祝「吟造り」・・本日で飲み切り。



ご馳走さまでした。


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 新潟県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村



posted by まーらん at 23:31| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。