2011年11月29日

久々に赤霧島を開けました


我が家にある焼酎の「隠し蔵」。。ってか、ただの部屋の片隅なんですがあせあせ(飛び散る汗)

もったいなくて、なかなか飲めない焼酎が数本ストックしてあります。


先日やっと手に入れた森伊蔵を始め、一どん、魔王、三岳、まーらん舟など
10本くらい眠ってましたので、その中から今回は「赤霧島」を出しました。


PB290290.JPG

霧島酒造「赤霧島」(あかきりしま)900ml


この赤霧島は、鹿児島県のレギュラー酒「黒霧島」で有名な霧島酒造さん
の芋焼酎で秋と春の年2回の限定品です。

原料芋にムラサキマサリと言う紫芋を使用しており、後を引くような甘み
と気品高い香りが特徴の芋焼酎です。

最近では、数量限定としてコンビニや酒屋さんでも売ってることがあります
ので、運が良ければ簡単に買えるようですが、まだ巷ではレア物扱いされて
おり某楽さんや某Yaさんの酒販ショップでは堂々と定価の倍くらいの値段で
売ってます。

なるべくなら定価販売店を見つけて買いましょう。

販売価格が1200円前後くらいでしたら適正価格だと思います。


そんな今夜の夕飯は、

PB290286.JPG

「銀ガレイの味醂漬けのホイル焼き」、「豚汁」、
「キャベツの柚子こしょう漬け」、「赤大根の甘酢漬け」など

晩酌は「赤霧島」ロックで。


赤霧島の味は、一言で表現すると「キレイな味」です。

芋本来の甘さと柔らかな風味のバランスが実にイイ感じです。
芋焼酎特有の芋臭さはほとんどありませんので、昔ながらの芋焼酎の
風味を期待して飲むと、少々期待外れかもしれません。

霧島酒造さんのレギュラー酒である「黒霧島」も、とても飲みやすく
トロっとした甘さと風味が生きてる美味い焼酎ですが、赤のそれは
洗練された風味とでも言いましょうか。

約半年振りに飲む赤霧島ですが、やっぱり美味いです。


ご馳走さまでした。




ご訪問いただきありがとうございました。
おかげさまで今日も一日何とか過ごせました。
ランキングに参加しておりますので宜しければポチッとお願いします。


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 新潟県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ
にほんブログ村



posted by まーらん at 22:41| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒と肴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。