2012年01月09日

永年の相棒の1足です


我が家の下駄箱には、もうかれこれ20年近くの付き合いになる
「相棒」と言うくらい愛用してる靴があります。

P1090429.JPG

ドロミテ社(Dolomite)のコルチナと言う名のチロリアンシューズです。

イタリアの登山靴やスキーブーツのメーカーで、このコルチナも本格的な
登山靴と同じ手縫い製法で、ソールにはビブラムソールを採用しているので
オールシーズン問わず履ける1足です。

買った当時でも4万円近くした高級靴でしたが、スポーツ用品店の登山靴
コーナーで見た瞬間から、欲しくて「清水の舞台から・・」の気持ちで
買ったのを覚えています。

一度、生産中止になりましたが、数年前に復活したのですが、
現行品ではこのロゴマークではなく、すこしロゴの変更がありました。

P1090432.JPG

数年前に底のビブラムソールが磨り減ったので、新潟ICI石井で
ビブラムソールの交換をしてもらいましたが、その時にも
「まだ良く持ってられますね!」と驚かれました。

先日の東京への出張へも、雪道の新潟からコンクリートの東京まで
この1足で通して来ました。

思えば、ちょっとした外出から海外への旅まで、いつもでコイツと一緒でした。

もう永年履いてると、靴の皮も皮製の敷き底もオイラの足の形を
ちゃんと覚えていてくれます。

それでも、やはり年代の片鱗と言いますか、かかとが当る部分の
皮部分がボロボロになって来てますね。

P1090434.JPG

でも、やはり永年の相棒ですので、こんなくらいで手放す気持ちには
とてもなれません。

この部分だけは修理は出来ないらしい・・。

まぁこれも「ご愛嬌」と思えば可愛いもんです。


デザインも今時のピカピカぴかぴか(新しい)シューズから比べると、
やっぱり「レトロ感」は否めませんが、今だにコイツを履くと
ちょっと「誇らしい」気分で歩を進めることが出来るのです。




ご訪問いただきありがとうございました。
おかげさまで今日も一日何とか過ごせました。
ランキングに参加しておりますので宜しければポチッとお願いします。


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 新潟県情報へ
にほんブログ村



posted by まーらん at 22:10| 新潟 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。