2012年02月10日

世界一のチョコレートケーキ


今日も一日、雪が降り続いていた新潟県央でした。


昨晩、東京で働いている娘が有給を利用して帰郷して来ました。

そんな娘の今回の手土産は・・・

なんと!世界一美味いチョコレートケーキでした。

こんな神々しいパッケージに入ってました。

P2090571.JPG

箱の中身は、見た事も無いようなお洒落なホールケーキですぴかぴか(新しい)

P2090572.JPG

港区六本木にある「ホテル・グランドハイアット東京」内にある
イタリアンカフェ「 フィオレンティーナ 」に併設されている
パティスリーブティックの『MODE(モード)』と言う名のケーキです。

2009年10月パリで開かれた世界一のショコラティエを決める
「ワールド チョコレート マスターズ 2009」で日本代表として
出場した平井副料理長が見事優勝「世界一のショコラティエ」の
栄冠に輝きました。

その優勝の時の作品がこの「モード」なのです。

この見事な外観以上に綺麗なのが、この中身。

モード.jpg

全体のトーンをヘーゼルナッツでまとめ、ヘーゼルナッツのビスキュイ、
ナッツ風味のチョコレート・ムース、アプリコット風味のホワイト・
チョコレートなど、全部で9層からなるケーキです。

肝心な味ですが、このフワリとした食感とアプリコットの食感が
洋酒の香りと共に今まで味わったことが無い絶妙な味わいでした。

これは日本人の繊細な味覚と美的感覚無くしては出来ないケーキですね。

今回のホールケーキは予約しておいて、仕事帰りに買って来たそうです。

流石、世界一の味は想像を超える美味しさでしたぴかぴか(新しい)



そんな今夜の夕飯は、娘が居るので「和食レストラン風」に・・

P2100573.JPG

「海の幸のハーブサラダ」、「タコの柚子胡椒マヨ」、
「赤かぶの甘酢漬け」、「ほうれん草の胡麻和え」などなど

晩酌は日本酒も好きな娘に合わせて純米酒「越後加茂・雪椿」を
冷で頂きました。

海の幸のサラダはハーブミックスに、スモークサーモン、タコ、海老、
帆立などをトッピングして、玉ねぎドレ、レモンドレ、ポン酢、胡椒、
エキストラバージンを少量づつ微妙に振りかけました。

何種類かのドレッシングを混ぜるのではなく少しづつ振り掛ける事で
場所場所で味の変化があるので、美味しく感じます。

あとサラダ用のハーブは一旦、風呂より少し熱めのお湯を入れたボールに
ハーブを浸すこと約2分、シャキッと葉っぱが蘇ります。

あとは水気を取って盛り付けます。

・・クタッとしたサラダは食感悪いですからね。


ご馳走さまでした。


ご訪問いただきありがとうございました。
おかげさまで今日も一日何とか過ごせました。
ランキングに参加しておりますので宜しければポチッとお願いします。


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 新潟県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村



posted by まーらん at 22:55| 新潟 | Comment(2) | TrackBack(0) | 名物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。