2012年04月11日

茗荷の甘酢漬け


最近スーパーの野菜売り場で「茗荷(みょうが)」が安くて助かりますひらめき

今日は特売で1パック58円で売ってましたので5パック鬼買いw

P4110838.JPG
「高知県産 四万十みょうが」

新潟県では茗荷の旬といえば夏の野菜なんですが、高知の方では
今頃が旬なのでしょうかね。。
 
それにしても昔から「みょうがを食べると物忘れが・・」と言う言い伝えが
あるようですが、全く根拠の無い話らしいです。

・・ちなみにオイラの物忘れの酷いのは決して茗荷のせいではありませんw

そんな今夜の「みょうがの甘酢漬け」を作りました。

先ずは甘酢作りから、茗荷の量に合わせて食酢、砂糖、塩と隠し味程度
の顆粒昆布ダシを合わせて、軽く煮立てたら冷ましておきます。

次に軽く茗荷を洗い、根元と先端を少しだけ切り落として、
先端から真ん中過ぎくらいまで包丁で切れ目を入れておきます。

P4110840.JPG

それを鍋に沸騰したお湯の中で、軽く湯がきます。

P4110841.JPG

それをザルに上げて、なるべく冷めないうちにペーパータオルなどで
水気を取って、食品用のビニール袋の中へ入れて甘酢を注ぎます。

あとはビニール袋の空気を抜きながら口を縛れば出来上がり。

P4110842.JPG

このまま冷蔵庫に入れたら明日の朝からでも食べれます。
茗荷にはアントシアニンと言う成分が含まれていて酢(酢酸)に反応すると
赤い成分反応が強くなるので、鮮やかな色の漬物になります。

我が家はこの「みょうがの甘酢漬け」が結構好評ですので、今冬の
高い時なんて1パック3個入れで198円なんて時もありましたので、
58円は感激価格なんですよ。

携帯電話
PS.現在使ってる防水携帯のボタン部分が割れてしまったので、
そろそろ「新しいの」を検討中です。

今日、カタログもらいに某ドコモへ行った時に調べてもらったけど、
オイラ、携帯持ってから17年以上経ってるそうですがく〜(落胆した顔)

そろそろメタボ・・じゃないあせあせ(飛び散る汗) スマートな奴にでも機種変しようかな。

P4110844.JPG

でも仕事やら釣りやらに使うんで「防水」は必須ですので、条件合う中で
いろいろ検討してみます。


わたしの【その他】「茗荷(みょうが)の甘酢漬け」を投稿しました♪ みんなの毎日ごはんが大集合のサイト「LifeSmileごはん」をチェック!
#LifeSmileごはん http://food.lifesmile.jp/menu/56801


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 新潟県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村






posted by まーらん at 22:20| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。