2012年04月19日

久々に屋久島の焼酎です


先日まで飲んでいた「赤霧島」も空瓶になってしまいました。

現在、封を切ってある焼酎は残り少ない「きろく」だけです。

自宅片隅のレア焼酎置き場に保存してある焼酎を開けるのはだいぶ
躊躇いがあるので、スーパーの酒屋さんで「普段飲みの焼酎」を
買ってきました。

そんな今夜の夕飯のメインは春の「カツオ」です。

P4190870.JPG

「カツオのたたき」、「みょうがの甘酢漬け」、
「スーパー食材・雪下にんじんの白あえ」などなど。

今夜封切りする芋焼酎は久々の屋久島の屋久島伝承蔵さんの芋焼酎
「太古 屋久の島(たいこ やくのしま)」です。
思えば昨年の秋以来かな?

本当は同酒蔵さんの芋焼酎「水の森」とか「屋久島大自然林」とかを
飲んでみたいんですが、ほとんど地元でしか入手出来ないレア物です
ので、いつも並んでいる「太古・・」で。

それでなくても日本酒王国として君臨する我が新潟県ですから、鹿児島の
芋焼酎の品揃えは少ない筈ですよね。

半年ぶりに飲む「太古 屋久の島」は一言で言うなら「優しい味わい」です。

現在飲んでいる「きろく」が洗練されている味とするならば、なんとなく
「ほっ」と出来る味わいなのかもしれません。

そんな晩酌の後の〆は「のりたま」でご飯でした。

のりたまっても「生の青海苔と卵の澄まし汁」なんですけどね。

P4190873.JPG

これも「ほっ」とする味わいでした。

ご馳走さまでした。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 新潟県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村






posted by まーらん at 22:31| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。