2012年05月16日

「百薬の長」の照明書


昔から「酒は百薬の長」と言われています。
もともと「酒は百薬の長」とは中国の『漢書』に出てきた言葉らしいです。

でも現代医学でも「適度の飲酒」は適度に健康に良いらしい・・。
・・ただ「適度」にも個々に飲酒量の差があるようです(笑)

そんな今日、先月の健康診断の検査結果が封書で届きました。
その中で、体重、メタボ指数、視力などは予想通りダメダメ判定(笑)

血圧も若干高めかな? 

思考能力は・・たぶん最低ランクでしょうw

・・でもコレステロール値などは・・

DSC_0063.jpg

代謝系や血液なども・・

DSC_0066.jpg

そして酒飲みにとって最大の鬼門の「γ-GTP値」などは・・

DSC_0064.jpg

メタボ体形を無視して数値だけ見れば、まるっきりの健康体ですよ手(チョキ)

これで、またいつも通りの晩酌出来るってもんですひらめき

そんな訳で今夜の晩酌は。

P5161037.JPG

「サーモンのムニエル」、「厚揚げ絹豆腐のソテー」、「ひじき豆腐和え」、
「冬菜の炒め物」、「かぶ・胡瓜しば漬け」、「きゅうり辛味漬け」など

晩酌はサッポロ「麦とホップ・黒」でした。

今夜はこの350mlを1缶で晩酌終わり。
もう少し飲みたいってとこで止めとけば「百薬・・」なんですね。

ご馳走さまでした。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 新潟県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村


posted by まーらん at 22:56| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。