2012年06月21日

これから幾つ美味しい酒に出会えるかな。


今日の新潟県は一日スッキリしない天気でした。
心配された台風5号は、低気圧に変わったようですし、予報では週末は
天気良さそうなので、先ずは一安心といったところでしょうか。

そう、今朝、先日のブログ記事で書いた沖縄県那覇市の新里酒造さんから
ブログにコメント頂きました。

こうして遠い沖縄の憧れの酒造メーカーさんから直接コメントを頂いたり、
以前も何度か酒蔵さんの担当の方からメールなど頂いたりすると、
こんな超ーぅ弱小ブログでも続けていると嬉しい事が沢山あるものだ。と、
感激いたします。

オイラの場合、酒は好きなのですが決して強い訳ではありませんので、
一般的に「酒飲み」と言われる方の何分の1しか量も種類も飲めません。

なので、せっかく飲むのであれば「少しでも美味しい一杯」に出会いたい。
と思い、いろんなお酒を飲んでいる訳です。

そして、日本酒、焼酎、泡盛、ワイン、洋酒に問わずその酒その酒それぞれに
多くの歴史と物語があります。
 オイラの場合、酒をガブガブ飲めない分、美味しい酒に出会うと、まず
その酒の歴史や醸造方法、酒蔵さんなどの情報を少しだけ仕入れてから
ゆっくり少しづつ味わう事にしています。

そうすることにより、口にする一杯に酒蔵さんの思い入れや、その酒が
生まれた地域の風土なども一緒に垣間見れるような一杯になるのです。

でも、これから一生掛かっても、味わえる酒の種類なんて氷山の一角
くらいしか味わえないでしょうね。
 でも、そんな風に味わえるので「酒が弱くて」良かったんだと思います。


さて今夜の晩酌は新里酒造さんをリスペクトして泡盛で一杯です。

P6215050.JPG

「玉ねぎ漬け豚ロースのソテー・焼きジャガとトマト添え」、
「丸茄子とパプリカのけんちん」、「即席キュウリのピクルス」など

晩酌は泡盛「琉球CLASSIC・古酒」のロックでした。

泡盛ですが暑い盛夏ならばシークワサー割りやサワー系が美味しいと思い
ますが、やはり本来の泡盛の風味を味わうには個人的にはロックか水割りが
一番かなと思います。

琉球CLASSICはアルコール度数25度なので、舌の上で転がしていても
一番心地良い濃度ですので、飲んでいてもとても穏やかな気分に
なれますね。

実はこの琉球CLASSICですが最初、酒売り場で見かけた瞬間から、
いかにも東洋的な鮮やかな黄色のレトロなラベルに惹かれて
しまってました。

最初、ボトルデザインで惚れて、味わって惚れて、酒蔵さんから直接コメント
頂いて、また惚れてしまった訳です。

つくづく酒は、人と人を繋ぐものだな。と思いますね。

ご馳走さまでした。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 新潟県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ 焼酎・泡盛へ
にほんブログ村



posted by まーらん at 23:44| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒と肴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。