2012年07月31日

猛暑の昼下がり金床雲沸く


今日も暑い一日。

もう外は温風ヒーターの前のようでした。

午後からは新潟県と福島県の県境付近の山々から、
積乱雲が沸き初めて、夕方近くには巨大な金床雲(かなとこぐも)が
広がっていました。

DSC_0197.jpg


そんな今夜は休肝日にしたので、自主的に(笑)こんな缶でした。

1343736548066.jpg

・・ビールと信じて飲むことにします(汗)

ご馳走さまでした。


にほんブログ村


posted by まーらん at 22:22| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月30日

烏賊でイタリアン料理


今、佐渡沖ではスルメイカが豊漁で最寄のスーパーでも
毎日、特売やってますので、たまには少し目先を変えて
イタリアン“風”料理でも作りましょうか!

・・っま、あくまでイタリア風ってことで。。

まず食材を準備。

P7305195.JPG

スルメイカ、ズッキーニ、イタリアントマトのホール缶、玉ねぎ、
ニンニク、生姜、唐辛子、ルッコラ、ディル、ワインなどなど

今回は時短かつイカを柔らかくするのに圧力鍋を使いました。

圧力鍋にエキストラバージンオイルを入れて火にかけ、ニンニク、生姜、刻み玉ねぎ、
唐辛子を炒めてから、ズッキーニ、最後にイカを炒めてトマト缶、ワインを足して、
マジックソルト、味塩コショウで味を整えてから蓋をして圧力を掛けます。

約5分加熱したら、あとは自然に圧が抜けるまで待つだけ。

ルッコラを敷いた器に、盛り付けてディルを乗せたら出来上がりです。

P7305196.JPG

そんな今夜の夕飯は

P7305198.JPG

「イカとズッキーニのトマト煮」、「焼き茄子の甘酢浸し」、
「アボカドサラダ」、「漬け茄子」など

今日はあまりにも暑い一日だったので、晩酌はビールでした。

圧力鍋で5分も煮込むとイカも驚く程、柔らかくなりますよ。

ご馳走さまでした。


にほんブログ村


にほんブログ村

posted by まーらん at 22:53| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月29日

清泉「亀の王」純米吟醸・生貯蔵酒


ここ数年、暑い夏になると飲みたくなる日本酒があります。

地元、新潟県三島郡和島村にある久須美酒造さんの銘酒

P7295193.JPG

清泉・純米吟醸「亀の王」生貯蔵酒 720ml ¥1500

夏子の酒で一躍有名になった酒蔵さんで、その酒米「亀の尾」を100%使って
醸した純米大吟醸「亀の翁(かめのお)」はあまりにも有名です。

この純米吟醸酒「亀の王(かめのおう)」は地元酒米の亀の尾を掛米に、
山田錦を麹米として使って醸した純米吟醸です。

いわば亀の尾と山田錦の「良いトコ取り」の酒なのです。

これを生酒で貯蔵して、出荷前に一度だけ火入れした生貯蔵酒ですので
純米酒の爽やかな酸味とコクのバランスが絶妙に生きてます。

酒店さんの店内でも、専用の冷蔵庫の中で保存されていますし、
購入後も冷蔵庫内での保存推奨ですので、720ml瓶だと家庭用冷蔵庫
でも立てて保冷出来るので便利です。

そんな今夜の夕飯は、日本酒に合わせた料理でした。

P7295191.JPG

「鮪のづけ」、「加島屋・烏賊の塩辛」、「トマトの甘酢漬け」、
「茄子漬け」など

晩酌は冷えた「亀の王」でした。

亀の王は控えめな吟醸香で、清々しい含み香りと旨味、酸味のバランスが
実に心地良い酒です。

個人的にこの亀の王の柔らかに広がる酸味が大好きですので、晩酌の
料理を食べながらの食中酒として最良の酒だと思います。

ご馳走さまでした。


にほんブログ村


にほんブログ村
posted by まーらん at 22:43| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒と肴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。