2012年07月26日

新潟で「夏の味噌汁」の超定番


今日は新潟県で暑い夏の定番の味噌汁と言ったら、

まず間違いなく挙がるのが「くじら汁」でしょうね。

昔はかなり定番的に食されていた文化と伝統的な食材「くじら」も
昨今の逆風でなかなか口に出来ない高級食材となってしまいました。

それも絶対的に美味いのは「長須くじら」の脂身です。
ミンクは安価なのですが、食感が柔らかいので、やっぱり美味さで言ったら
長須には敵いません。

今夜はちょっと贅沢して長須くじらの脂身を使いました。

そして新潟県伝統の「くじら汁」に無くてはならない夏野菜の定番、
茄子です。

今回は長須くじらの脂身と、丸茄子、くじらとの相性がバツグンの平茸、
にんじん、みょうが、万能ねぎを使いました。

P7265172.JPG

そんな今夜の晩酌は、

P7265175.JPG

「ゴーヤーチャンプル」、「茄子漬け」、「胡瓜の甘酢漬け」、
「アボカドサラダ」など

晩酌はゴーヤーチャンプルに合わせて泡盛「琉球CLASSIC古酒」の水割り。

南の夏の晩酌を食べた後は、いよいよ北の夏の〆の汁を頂きます!

P7265176.JPG

「くじら汁」

七味を少し入れて、熱々の「くじら汁」をフーフー言いながら啜ります。

美味い!・・これぞ新潟の夏っすね!

ご馳走さまでした。



にほんブログ村


にほんブログ村






posted by まーらん at 21:36| 新潟 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。