2012年07月27日

土用の丑の日は「ウナギ以外」で考える


今日は「土用の丑の日」です。

昼休みにカミサンとスーパーへ行ったら、鮮魚売り場に

「ウナギの蒲焼き」がコーナーに溢れて陳列してあります。

鹿児島県産とかの国内ものだと、1匹分の蒲焼きで1780円、
中国・台湾産でも千2...300円くらいしますので、
現在5人家族の我が家ならば、半分づつ食べたとして、
裕に3000円以上買わないと・・なので本日、ウナギ却下。

でも・・こんなに有ったら、売れ残るでしょ?と思えるくらい通常の何倍
ものウナギが売ってました。

・・でも、これだけ世界的に「ウナギの稚魚」が不足していて、ウナギの高騰
が連日のニュースなどで出てるので、逆に本日のウナギの売上げの加速を
助長してるんでしょうね。

そんな今日は、ウナギ販売の影で安価に売ってた「豚挽肉」にしました。


そんな今夜は暑い一日だったので「冷やし坦々麺」にしました。

まずは挽肉の掛けダレ作り。

P7275177.JPG

豚挽肉、生姜の味噌漬け、きざみニンニク、豆板醤、きざみネギ、
ウェーパーなどを炒めて肉ダレを作りました。

そんな今夜の夕飯です。

P7275179.JPG

「冷やし坦々麺」
挽肉ダレに、細切りきゅうり、トマト、温玉、刻みねぎ、
それに下仁田ねぎラー油。

晩酌は少しアルコールが続いたので、あえて休肝日で、
アサヒ「ドライゼロ」アルコール0.00%でした。

雰囲気、飲んだ気分になれればイイっか・・・。

ご馳走さまでした。



にほんブログ村


にほんブログ村



posted by まーらん at 22:09| 新潟 | Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。