2012年07月29日

清泉「亀の王」純米吟醸・生貯蔵酒


ここ数年、暑い夏になると飲みたくなる日本酒があります。

地元、新潟県三島郡和島村にある久須美酒造さんの銘酒

P7295193.JPG

清泉・純米吟醸「亀の王」生貯蔵酒 720ml ¥1500

夏子の酒で一躍有名になった酒蔵さんで、その酒米「亀の尾」を100%使って
醸した純米大吟醸「亀の翁(かめのお)」はあまりにも有名です。

この純米吟醸酒「亀の王(かめのおう)」は地元酒米の亀の尾を掛米に、
山田錦を麹米として使って醸した純米吟醸です。

いわば亀の尾と山田錦の「良いトコ取り」の酒なのです。

これを生酒で貯蔵して、出荷前に一度だけ火入れした生貯蔵酒ですので
純米酒の爽やかな酸味とコクのバランスが絶妙に生きてます。

酒店さんの店内でも、専用の冷蔵庫の中で保存されていますし、
購入後も冷蔵庫内での保存推奨ですので、720ml瓶だと家庭用冷蔵庫
でも立てて保冷出来るので便利です。

そんな今夜の夕飯は、日本酒に合わせた料理でした。

P7295191.JPG

「鮪のづけ」、「加島屋・烏賊の塩辛」、「トマトの甘酢漬け」、
「茄子漬け」など

晩酌は冷えた「亀の王」でした。

亀の王は控えめな吟醸香で、清々しい含み香りと旨味、酸味のバランスが
実に心地良い酒です。

個人的にこの亀の王の柔らかに広がる酸味が大好きですので、晩酌の
料理を食べながらの食中酒として最良の酒だと思います。

ご馳走さまでした。


にほんブログ村


にほんブログ村


posted by まーらん at 22:43| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒と肴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。