2012年10月28日

「農業祭り」で地産地消の夕飯でした


今日、燕市内のJA越後つばめ支所で毎年行われてる「農業まつり」が
開かれていたので、カミサンとユウちゃん親子で行って来ました。

nougyou.jpg

・・行って来た。って言うか、オイラはほぼ「荷物持ち係」だった訳で・・(汗

そんな中、新潟県産の農産物を中心に仕入れて来た品々です。

P1000585.JPG

新潟県産の里芋、かきのもと(食用菊花)、金時草(きんじそう)別名ハンダマ、
生しいたけ、ひら茸、生きくらげ、乾燥しいたけ、
熊本産のミカンなど。

特にその中でも、久しぶりに見つけた野菜がありました。

P1000586.JPG

表側は鮮やかな緑色、裏側は紫色の葉野菜で、沖縄や奄美、九州方面ではハンダマ、
石川県などでは加賀野菜である金時草(きんじそう)と呼ぶ野菜です。

たぶん新潟県内では、栽培している農家さんは極限られていると思います。

昨年、一度食べてから大好物になり見つけると必ず買って食べてますが、
同系の葉野菜のツユムラサキよりもクセが無く、ウドの風味に近いような
とても食べ易い野菜です。

早速、今夜の夕飯は今日買った野菜を食べましょう!

先ずはキノコの風味が強い「ひら茸」と鶏もも肉、里芋、人参、冬瓜、
などで煮物を作ります。

P1000588.JPG

これらを醤油仕立ての「けんちん汁」に。

そんな今夜の夕飯は

P1000590.JPG

「ひら茸のけんちん汁」、「鶏手羽先の甘辛揚げ」、「かきのもと」、
「金時草の胡麻酢和え」、「かぶとキュウリの塩麹漬け」など

晩酌は芋焼酎「黒霧島」のロックでした。

今夜は息子が仕事で不在なので、息子に苦手なキノコをたっぷり食べれます(笑

ご馳走さまでした。



にほんブログ村


にほんブログ村


posted by まーらん at 22:25| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。