2012年10月29日

生きくらげを使って中華炒めでした


西の空に沈んでいく夕日と交代するように、
東の空にはポッカリと満月が昇っていました。

P1000596.JPG

そんな今夜の夕飯のメイン食材は・・・

昨日の農業祭りで買って来た阿賀町の斉藤農園さんの「生きくらげ」です。

P1000597.JPG

今夜はこのスペシャル素材をオリジナルな中華風炒めにしました。

先ずは材料を準備。

P1000599.JPG

豚肉、生きくらげ、生しいたけ、ニンニクの芽、ちんげん菜、水菜、
味付けは味塩コショウ、オイスターソースなど。

これらを順番に炒めれば出来上がりです。

そんな今夜の夕飯です。

P1000600.JPG

「生きくらげと豚肉、ニンニクの芽の中華炒め」、「金時草の胡麻酢和え」、
「大根、水菜、揚げしらすのポン酢和え」、「かぶの漬物」など

晩酌は芋焼酎「黒霧島」のロックでした。

中華炒めの生きくらげですが、とにかく肉厚でプリプリとした食感で
これだけ具材が多い炒め物の中で、存在感が凄いです。

いやぁ美味かった☆

ご馳走さまでした。



にほんブログ村


にほんブログ村


posted by まーらん at 22:40| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。