2012年11月06日

かぶ菜と南瓜


昨日、新鮮な蕪(かぶ)を頂きました。
まだ蕪の葉がシャキシャキしてたので「かぶ菜のふりかけ」を
作りました。

まず、かぶ菜の大きな葉の部分は切り落として、茎をさっと茹でます。
それを水にさらして軽く絞って微塵切りにしておきます。

油揚げも微塵切りに。

フライパンで、かぶ菜をゴマ油で炒めて、油揚げも加えて、味醂、
ヤマサ昆布つゆを少々加えて、仕上げに白ゴマを加えて、
水気がなくなるなで弱火で炒めたら出来上がり。

P1000646.jpg

これを炊きたての白いご飯の上に乗せて食べると最高です!
今日の夕飯は「うどん」なので、明日以降の食卓用ですな。

P1000648.jpg

「かぶ菜のふりかけ」


そんな今夜の夕飯は、カボチャを使った「ほうとう風うどん」でした。

先ずは、カボチャは皮を剥いた「煮溶かす用」と、
形良く切った「形を残す用」と分けておきます。

P1000649.jpg

最初は「煮溶かす用」を先に煮ておいて、後から「形を残す用」の
カボチャを加える事によって、カボチャの両方を楽しめます。

カボチャ、にんじん、椎茸、豚肉、長ねぎが入った味噌仕立ての
煮込みうどんです。

P1000651.jpg

ちょっと見は「ほうとう」みたいですね。

熱々の煮込みうどんなので、今夜は自主的に「休肝日」としました。
こんな煮込みうどんが、しみじみ美味い季節になりました。

ご馳走さまでした。


にほんブログ村


にほんブログ村



posted by まーらん at 21:27| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。