2012年12月04日

赤い漬物と常夜鍋


昨晩、夕食後に赤い食材で漬物を作ってました。

先ず一品目の食材は「赤かぶ」

P1000789.JPG

赤かぶはピラーで外側の皮を薄く剥いておきます。
そして一口大に切ったら、砂糖、塩、酢、隠し味の昆布とビニール袋に
入れて、色が馴染むまで数日、冷蔵庫で漬けておきます。

P1000790.JPG

次の二品目の食材は別名「赤いダイヤモンド」と言われる「いくら」

P1000791.JPG

鍋に、日本酒、味醂、醤油、隠し味の白だしを入れ一煮立ちさせ冷まします。
イクラは塩水でさっと洗い、冷めた醤油だしと合わせて漬け込みます。

2、3日経つと味が染みこみますので、直ぐに食べる分と冷凍して
「年越し・正月用」に保存しておきます。

通常、イクラは鮭の遡上が早いほうが、卵も柔らかいのでなるべく早期の
イクラを使ったほうが美味しいと思います。

・・で、今夜の夕飯は「新潟県産の豚肉」でした。

P1000792.JPG

今回はこの新潟県産豚肉を使って「常夜鍋(じょうやなべ)」を作りました。

鍋の中に水、日本酒を入れて、白菜、椎茸、豆腐、ほうれん草、豚肉を
薄味のダシで鍋にします。

・・土鍋と思ったら、まだ奥から出してないので急遽、アルミ鍋(笑

そんな今夜の食卓です。

P1000795.JPG

「常夜鍋・紅葉おろしとネギ、ポン酢」、
「タコとわかめ、胡瓜の柚子ポン」、「かきのもと」

晩酌は芋焼酎「黒霧島」のロックでした。

常夜鍋(じょうやなべ)とは、いつでも食べたくなる気軽で美味しい鍋と
言う意味だそうで、豚肉、ほうれん草、豆腐と言う組み合わせが
一番ポピュラーらしいです。

ほうれん草は山盛りでも、あっと言う間に無くなってしまうほど、
合いますので、今回も2袋使いました。

これは美味い!

ご馳走さまでした。


にほんブログ村


にほんブログ村



posted by まーらん at 22:43| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。