2013年01月05日

小鯛の酢〆を作りました


今日は土曜の仕事日でしたが、仕事の切りも良かったので
3時で上がりにしました。

明日は娘が帰る日なので、

「今夜の夕飯は何が食べたい?」の問いに

「魚・・特にお刺身」との返事。

なので今夜は魚です。

買って来たのは「脂の乗ってる寒ぶり」と「小鯛(チダイかな?)」

先ずは小鯛の下ごしらえから。

P1000991.JPG

小鯛はウロコと落として、エラと腹ワタを出して3枚に下ろします。
腹骨を鋤いてから、たっぷりの塩をして約30分、冷蔵庫で寝かせます。
そして小さな小骨を抜いて、水洗いして酢8、酒2の酢水に漬けて
おき、1時間くらいたったら出来上がり。

P1000992.JPG

食べ易いように削ぎ切りして皿に盛り付けていきます。


そんな今夜の夕飯は

P1000994.JPG

「小鯛の酢〆」、「寒ぶりの刺身」、「丸ごとかぶのあんかけ」、
「トマトとアボカドのサラダ」、「切干漬け」、「昨晩の煮物の残り」

晩酌は芋焼酎「森伊蔵」のロックでした。

なかなか都会じゃこんな新鮮な魚は食べれないでしょうからね。
娘が居る時くらいは、食べたいものを食べさせてあげたいものです。

ご馳走さまでした。


にほんブログ村


にほんブログ村


posted by まーらん at 22:51| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒と肴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。