2013年03月21日

今夜は下ネタならぬ「下仁田ねぎ」でした☆


昨晩の夕飯は、珍しい「赤ねぎ」を頂きましたが、

今夜は「しもにた」です。。。シモネタではありませんよ(汗

P1010303.JPG

「下仁田ねぎ」

今回はこれを下仁田ねぎの食べ方の定番「焼きねぎ」にしました。

P1010304.JPG

本場、群馬県下仁田では、七味マヨ醤油も人気らしいです。


そんな今夜の食卓は・・

P1010307.JPG

「塩麹漬け鶏もも肉のあぶり焼き」、「下仁田ねぎ焼き」、
「ほうれん草の胡麻和え」、「白菜漬け」、「新玉・伊予柑マリネ」、
「白菜、エノキ、人参、蒸し干し生姜のスープ」

晩酌は地元新潟県阿賀町津川・麒麟山酒造さんの季節限定酒
「ぽたりぽたり・きりんざん 純米吟醸 生原酒」

麒麟山酒造の酒は、基本的に辛口の酒なのですが、
この「ぽたりぽたり・きりんざん」、一口のむと一瞬、甘口?と
思うくらい旨味とフレッシュさが広がり、舌の奥へ流れると純米酒らしい
爽やかな酸味を感じたと思うと、サッと麒麟山らしい辛口でキリッと
咽に消えていきます。

これが純米吟醸の生原酒で飲めるのですから、なんとも贅沢な1本です。

こんな旨い酒と、トロっと甘みの下仁田ねぎ、塩麹鶏が肴なのですから、
「居酒屋・我が家」はホントにいいもんです☆

ご馳走さまでした。



にほんブログ村


にほんブログ村



posted by まーらん at 21:32| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。