2013年05月13日

我が家のアジフライは3枚下しが基本です


今夜の夕飯のメイン食材は「鯵(あじ)」でした。

P1010525.JPG

釣り魚としての鯵なら、迷わず刺身なのですが、なんせスーパー鯵
ですので今夜はアジフライで!

通常、アジフライと言うと尻尾を付けて開いた形でフライにするのが
定番ですが、我が家・・と言うよりはオイラが大の小骨嫌いなので、
完全小骨が無い状態にするために3枚下しが基本です。

先ずはウロコを落として、ゼイゴを鋤き取り、頭、腹ワタを取って
さっと洗い3枚に下します。

腹骨を鋤いてから小骨を毛抜きで抜きます。

その身に、生姜の搾り汁、味塩コショウを振って20分ほど馴染ませて
おきます。

あとは水気を拭き取り、小麦粉、溶き卵、パン粉で180℃の油で
フライにすれば、アジフライの出来上がり。

そんな今夜の夕飯は、

P1010528.JPG

「アジフライ・キャベツ盛り」、「わらびの御浸し」、「竹の子煮」、
「おかひじきの辛子醤油」、「みょうが酢」など

晩酌は芋焼酎「三岳」のロックでした。

お刺身用の鯵だったので、けっこう新鮮だったので身がフワフワして
美味いフライになりました。

なんせ小骨や尻尾も無いので、全て安心して食べれます(汗

ごちそうさまでした。


にほんブログ村


にほんブログ村





posted by まーらん at 22:38| 新潟 | Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。