2013年05月22日

トマトの煮込みとトマトのお酒


カミサンの実家から定期的に「かぶ」を沢山貰うんです。

それはとても有り難いのですが、漬物も、かぶ煮も和風の料理だと
けっこうネタ切れでして・・・(笑

そこで「洋風でもいいかな?」と、適当に煮込んでみました。

まずは材料を用意。

P1010576.JPG

かぶ、黄ズッキーニ、玉ねぎ、鶏もも肉、余ってたウィンナー、
トマト缶詰、きざみにんにく。

オリーブオイルで材料を炒めてから、トマト缶、赤ワイン、
コンソメ、マギーブイオン、味塩コショウで味付けます。

そんな今夜の夕飯は、

P1010579.JPG

「鶏とかぶのトマト煮込み」、「せりと油揚げの炒め物」、「きゃらぶき」、
「金時豆の煮豆」、「かぶとキュウリの煮物」

蕪(かぶ)も、こうして洋風のトマト味にすると合うもんですね☆
これは美味いです!

少し煮詰めたくらいが美味さ倍増かもしれません。

今夜の晩酌は、芋焼酎。。と思っていたら、カミサンが「飲んでみたい」
と買っておいたビール風味?を出して来ましたので、半分飲むことに。

P1010577.JPG

「アサヒ・レッドアイ」アルコール度数3.5%

レッドアイと言うと、ビール+トマトジュース+レモン汁の
カクテルです。

飲んでみましたが、トマトの風味もビールの風味も両方薄目なので
全体的にボヤけた味わいになってしまってます。

まぁソフトドリンクと考えるなら、これくらいでいいのかも。

個人的にはやはりホップ味の強いビールに、濃い目なトマトを
使ったジュースを合わせたほうがいいかな?と思いました。

ごちそうさまでした。


にほんブログ村


にほんブログ村



posted by まーらん at 21:54| 新潟 | Comment(0) | TrackBack(0) | 酒と肴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。