2013年08月27日

夏が終わらぬ内に!新潟の夏の伝統汁


もう少しで8月が終わります。

・・そう言えばこの夏、まだ食ってない「新潟・夏の味覚」

P1010952.JPG

・・鯨(くじら)です。

新潟で夏に鯨と言ったら「くじら汁」が代表です!
新潟では昔から、真夏に鯨汁を伝統料理として食べられて来た
歴史があります。

郷土料理として鯨を汁物で食べる地域は、正月料理として北海道。
冬の味噌汁としての福島県などありますが、暑い真夏に
暑い汁物として食べるのは主に山形県と新潟県らしいです。

今夜はこんな食材で「くじら汁」を作りました。

P1010954.JPG

我が家風の「くじら汁」の定番食材は、ナガスクジラの塩くじら。
それに丸茄子、ジャガイモ、冬瓜、玉ねぎ、舞茸、みょうが、長ねぎ。

我が家は、ナガスクジラが手に入った時じゃないと、くじら汁は作りません。
今ではミンククジラの方が多く店頭に並びますが、風味と食感はナガスとは
雲泥の差があるので、やはりナガスクジラじゃないといけませんね。

これを味噌仕立ての熱々の味噌汁にします。

P1010956.JPG

そんな今夜の夕飯は、

P1010955.JPG

「くじら汁」、「鶏むね肉の蒸し鶏」、「きゅうり酢漬け」、
「茄子漬け」、「にんじんマリネ」、「セロリマヨ」など。

晩酌は、やっぱり新潟の伝統料理には、新潟の地酒でしょ!
久須美酒造の清泉・亀の王・純米吟醸生貯蔵酒の冷酒でした。

ふーふー熱々のクジラ汁に、キリッと冷えた亀の王が良く合います☆

ご馳走さまでした。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 新潟県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村



posted by まーらん at 22:26| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。