2014年07月09日

県内佐渡産の烏賊料理に落ち着きます


今日、昼休みにカミサンと市内のスーパーへ。

今日は魚料理かな?といろいろ魚を探してみたけど、
某〇〇県産マイワシ、〇〇県産の生鮭は安価だけど、ちょっと△。
あとは近海物の真鯛もあったけど値段が✕(笑

結局、鮮度バツグン!値段も手ごろ!県内佐渡産!って事で、
「スルメイカ」に落ち着きました。

烏賊の胴は生姜焼きに、ゲソは湯引いてエノキ茸と和え物にしました。

09 - 1z.jpg

「烏賊の生姜焼き」、「烏賊ゲソとエノキ茸の胡麻ぽん」、「ところてん」、
「きゅうり漬け」、「茄子漬け」、「青梅のピクルス」

晩酌は今日で飲み切り「越州 桜日和」の冷酒でした。

以前は日本沿岸の魚介類は何処でも安心して購入して食べれましたが、
今は選んで食しても「一抹の不安」は拭えません。



こんな日本じゃなかったんだけどな。。。。



ごちそうさまでした。


にほんブログ村



posted by まーらん at 22:02| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒と肴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。