2012年08月27日

夏の午後は空を見上げる「金床雲」


今日も暑い一日でした。

思えば新潟県央で雨が降ったって記憶は・・
7月は7日と12日の2日間。
8月は13日の1日のみ。

その他はほぼ真夏日もしくは猛暑日でした。

そんな今日も遠く新潟と群馬県境付近に立ち昇る「金床雲(かなとこぐも)」を
見上げます。

P1000169.JPG

金床雲とは、積乱雲が猛烈に発達すると高度1万m以上の成層圏下部にある
対流圏界面で、その高度よりも積乱雲が上昇出来なくなり、横に広がった形で
雲が形成される雲を言います。

ちょうど入道雲の上部が巨大なテーブル状に平らになる形状になります。

上の写真では燕市からこの金床雲までの距離は推定90kmくらいの新潟と
群馬県の水上付近だと思われます。
雲の高さに至っては、裕に高度1万mを軽く超えているように思えます。

多分、この雲の下は猛烈な雷雨が振っているんでしょうね。
自然って物凄いエネルギーを持っているもんだと、つくづく思います。

そんな今夜の夕飯は、

P1000171.JPG

「茄子とゴーヤの麻婆炒め」、「自家製ポテトサラダ」、「白茄子の素麺」、
「トマトオリーブオイル和え」
そして知り合いの料理店からの差し入れ「スズキの刺身」

晩酌は、ジョッキの上に金床雲沸く、ホッピー&キンミヤ焼酎でした。

冷凍庫で冷やしたジョッキに、パーシャルで冷やしたホッピーとキンミヤ
ですので、飲み口はキンキンに冷えてて最高でした。

ご馳走さまでした。


にほんブログ村


にほんブログ村







posted by まーらん at 21:52| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。