2013年01月19日

冬の新潟「ながも」と「豚角と大根煮」


冬の新潟も1月半ばを過ぎる頃になると、我が家の大好物「ながも」が
出回り始めます。

P1010047.JPG

「ナガモ」とは主に佐渡沖の日本海で採れるアカモクと言う海草で、
その地方によって、ナガモとか、ギバサ、ギンバソウなどと呼ばれています。

我が家の場合、出回り始めの旬のナガモをまとめて買っておいて、
冷凍保存しておくのが、毎年の恒例となっています。

P1010052.JPG

今日の分も、今夜食べる分と冷凍する分とを分けました。

今夜のメインは、大きな極太の大根があったので、豚バラと一緒に
煮込みました。

P1010045.JPG

大根は今朝から下茹でしておいたので、味の染み込みの早いです。

そんな今夜の夕飯は、

P1010054.JPG

「大根と豚バラの煮込み」、「ながもポン酢」、「たこわさ」、
「卵豆腐」、「赤大根の千枚甘酢漬け」

今夜の晩酌は「弐乃 越州(にの・えっしゅう)」の冷でした。

味の染み込んだ大根に日本酒は合いますネェ☆

ご馳走さまでした。


にほんブログ村


にほんブログ村



posted by まーらん at 21:09| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。