2013年02月09日

ウェルカム・ザ・晩酌


この3連休を利用して、東京で働いてる娘が帰郷して来ました。

息子も仕事で平日は新潟市内で寮生活してるので、週末にしか帰って
来ないので久々に親子が揃います。

今回の娘の手土産はこんなお菓子でした。

P1010109.JPG

「ねんりん家(ねんりんや)」のバームクーヘン。

そんな娘が帰って来たので、今夜は和風なウェルカム・ディナーです。
先ずは昨年春に、地元の青フキの水煮を瓶詰めにしてたのを出して・・

P1010113.JPG

これを昆布と鰹ダシと砂糖、味醂、極少量の醤油で「青煮」にします。

昨年、瓶詰めにした記事はコチラです。

P1010114.JPG

ふきの青煮とは、醤油の色を付けずにフキ本来の緑色を生かす
煮方ですので他の食材とは別鍋で煮ておきます。

そんな今夜の食卓です。

P1010118.JPG

「青ふき、絹揚げ豆腐、帆立の煮物」、「真鯛のカルパッチョ」、
「ながもポン酢和え」、「こまつ菜の炒め物」などなど

そして今夜の晩酌酒は、とっときの一本を出しました。

1360408780452.jpg

地元新潟県村上の銘酒・宮尾酒造さんの吟醸酒
「〆張鶴 吟撰」(しめはりつる・ぎんせん)でした。

グレードでは純米吟醸「純」よりも上級酒になります。

これぞ新潟の淡麗辛口!と言える旨さとキレが高い次元で調和してる
味わいです。
 香りは決して、某秋田のレア日本酒みたいに香りを主張せずに
あくまで穏やかに清い風味が素晴らしいです。

素直に「美味い!」と思える酒ですね。

こうして、和風の煮物などを肴にちびちび飲む時などには
最高の組み合わせの酒になりますね。

ご馳走さまでした。



にほんブログ村


にほんブログ村



posted by まーらん at 23:52| 新潟 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 酒と肴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おいしそうな日本酒と料理ですね。
私も昨日は新潟の山間を頂きました。
新潟の日本酒は美味しいですね!
Posted by 大阪人 at 2013年02月10日 10:57
大阪人さん、いらっしゃいませ。
「山間(やんま)」ですね。

最近の新潟の日本酒も、越乃寒梅、八海山
などを代表とする淡麗辛口の酒と、
鶴齢、村祐、そしてこの山間などの濃厚旨口
の酒と分かれてきました。

山間は、あまり新潟県内では見かける事が
少ない酒で、おもに関東を中心に人気が
あるようです。
Posted by まーらん at 2013年02月10日 14:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。