2013年04月28日

燕市役所新庁舎を見学して来ました


今日、燕市役所の新庁舎の完成・一般公開へ行って来ました。

新しい新庁舎は燕市吉田西太田地内に新築された4階建ての側面ガラス張り
の総工費45億円の箱・・いぇ!?新市役所です・・。

P1010463.JPG
(駐車場側から建物全景)

広い駐車場からエントランスが建物まで長く延びてます。

こちらは正面玄関のエントランス。

P1010462.JPG
(広域農道側から正面玄関)

1階部分は主に「市民課」などの窓口サービスなどがメインです。

P1010450.JPG
(1階・市民課窓口ホール)

この建物は各所に吹き抜け構造になっていますので開放的ですね。

P1010453.JPG
(3階から下を見下ろします)

先ずは、市長室。

P1010452.JPG
(市長室)

たぶんソファは、ニ〇リとか、東〇インテリアじゃ無さそうですね(笑

3階からは玄関ホール上部の空中スペースへ出れるようになってます。

P1010454.JPG
(3階・屋外スペース)

市の行政を司る市議会の会議場

P1010459.JPG
(市議会の会議場)

また災害発生時に対策本部になる専用の会議室などを完備してます。

P1010451.JPG
(災害対策本部会議室)

全館見学してみて、凄い館内だなぁ。。と思うことしきり。

・・ただ一般市民が気軽に立ち寄れるような「気軽さ」や
「スペース」が少ないような気がしました。

例えば市民も気軽に立ち寄れるレストランやカフェなどが併設されて
いれば、どんなに良かったろうと思います。

45億円も掛かったのなら、その何百分の1くらいの予算で
カフェレストラン出来ただろうに・・。

でも、これだけ側面全面をガラス張りだと、冷暖房の効率も悪いんじゃ?
と思ったのは私だけではないでしょうね。

最後に一言
「建物はガラス張りなので、行政もガラス張りでお願いしますね!」


そんな今夜の夕飯は。

P1010465.JPG

「鳥取県産サーモンのムニエル・ブロッコリ&にんじんマリネ添え」、
「冬菜の辛子醤油」、「長茄子のそうめん仕立て」、「みょうが酢漬け」

晩酌は赤ワイン「あずさワイン・酸化防止剤無添加コンコード」でした。

赤ワインは醸造酒でも血糖値は上昇し難いようですね。

ごちそうさまでした。



にほんブログ村



posted by まーらん at 22:01| 新潟 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
レポート ご苦労様でした(笑)

行った気になれました
まーらんさんのご指摘どうりだと、思います
全面ガラス貼りにするなら処々にソーラーP
入れてもよかったんじゃね?
確かに光熱費かかりそう(うちらの税金)

 レストランはまーらんさんが開いたらどうですか? 
和食の店なんか良いと思いますけどねー
Posted by yosiki at 2013年04月29日 11:16
yosikiさん、どうもです。

そう思いますよね。
いくら断熱ガラスと言えども、太陽光での
館内の温度上昇は避けられないと思います。

ましてや全面ガラスの片面は南西方向に
面していますので、真夏の午前から夕方まで
直射日光がモロ当たります。

エアコン壊れたら、どうなんだろ?(怖

レストランですか?
午後7時以降の市の職員さんが帰った後の
時間で良ければ、承りますが・・(笑
Posted by まーらん at 2013年04月29日 14:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。