2013年05月02日

五月だと言うのに寒いので南国お湯割りです


明日からGW後半の4連休です。

でももう5月に入ったって言うのに連日、寒い日が続いていますね。

いやぁ寒いです(>_<)
あまりの寒さに今夜の晩酌は芋焼酎のお湯割りが飲みたくなりました。
なので出したのは鹿児島県屋久島にある三岳酒造さんの「三岳(みたけ)」

P1010489.JPG

ラベルにも「世界自然遺産登録の島」と書いてありますし、デザインも
どこか南国をイメージさせるラベルになってます。

こちらは1800ml瓶の裏ラベル

P1010488.JPG

ラベルにも書いてある通り、この屋久島の良質な水が焼酎の味に大きく影響
しているようです。

この三岳酒造さんの「三岳」や、同じ島内の屋久島伝承蔵さんの芋焼酎
に共通する「透明感と旨みのある芋焼酎」が出来上がります。

三岳などはレギュラー酒なのに、まるで甕仕込みかと思うくらいの
まろやかさがあります。

いまだにちょっと入手困難な焼酎なのはうなずけます。

そんな今夜の晩酌は

P1010486.JPG

「烏賊と里芋の煮物」、「菜の花の辛子和え」、「めかぶポン酢」、
「白菜の御浸し」、「いかげそ・わさび醤油」など

晩酌は芋焼酎「三岳」のお湯割りでした。

やっぱりお湯割りにして良かったぁ☆

三岳の旨さの最大の力は、ロックでもお湯割りでも味わいにブレが無い
ことです。

ごちそうさまでした。


にほんブログ村


にほんブログ村



posted by まーらん at 23:57| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒と肴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。