2013年07月06日

魚焼きグリルでスペアリブを作ってみました。


「スペアリブ」・・オイラ的には、キャンプの定番的な料理な
イメージがある焼き肉です。

今日、市内のスーパーで新潟県産豚のスペアリブが売っていたので、
自宅の「魚焼きグリル」で焼いてみようと思いました。

まずはスペアリブの下処理から。
スペアリブはフォークで、骨に付いてる肉身の境にエグるように
フォークを差しておきます。
こうすると焼いた後でも肉離れがいいんです。

P1010773.JPG

通常はリンゴの擂ったのや赤ワイン、スパイスなどで漬け込むのですが、
仕事日の今日、そんなことはしてられません。

味付けは、エバラの焼肉のたれ「黄金の味・甘口」と、黒胡椒、
プレーンヨーグルトで漬け込んでおきます。

約半日漬け込んだら、魚焼きグリルの中弱火でジックリと焼きます。

P1010775.JPG

タレに漬けてあるので火が強いと、火が通る前に焦げてしまいますので
注意して焼け具合を見ながら焼いていきます。

そんな今夜の夕飯です。

P1010778.JPG

「スペアリブ」、「冬瓜の煮浸し」、「トマト&山盛りパセリ」、
「キュウリと茄子の梅肉和え」など

晩酌は今夜は特別☆「サントリープレミアムモルツ」でした。

味の染み込んだスペアリブ、骨に付いた身が美味いです。

昔、キャンプしてた頃は、炭火でジックリ焼くスペアリブが定番
でしたが、こうして魚焼きグリルで焼けるんですね。

ご馳走さまでした。



にほんブログ村


にほんブログ村



posted by まーらん at 22:30| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。