2014年11月30日

我が家、冬の定番「赤かぶの甘酢漬け」


今日は昨日カミサンが市内の農産物直売場で買って来た
「赤かぶ」を漬けました。

先ずは赤かぶを良く洗ってから、皮むきピーラーで赤い皮を剥きますが、
皮も一緒に漬けるので取っておきます。
 次に赤かぶは、くし型に切り少量の塩、三温糖で下漬けしておきます。

DSC_1302.JPG

小一時間漬けた赤かぶは手で絞って水気を取ってから、酢と天塩、三温糖、
昆布だし、赤唐辛子を合わせてビニール袋に入れて本漬けです。

DSC_1303.JPG

「赤かぶの甘酢漬け」

真ん中は今食べてる赤かぶ漬けですが、時間を経るにしたがって
見事な真っ赤な漬物になります。

そんな今夜の夕飯は、

DSC_1306.JPG

「栃尾の油揚げ納豆詰め」、「黄色カリフラワー」、「アスパラ菜の辛子和え」、
「サバサラ風サラダ」、「赤かぶ甘酢漬け」

そしてもう一品。

DSC_1307.JPG

「ぶりと烏賊の刺身」

晩酌は先日の親戚のお通夜で付いた八海山の1合瓶で温燗でした。

やっぱり純和風な肴には、日本酒が合いますね。

献杯。
ごちそうさまでした。



にほんブログ村


にほんブログ村



posted by まーらん at 22:46| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒と肴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。